FANDOM


Freedom, at last!(自由だ、ついに!)

–マクスウェル/Maxwell

敵対者としてのMaxwellについては、こちらをご覧ください。


 Maxwellは第8のアンロックキャラクターです。

 彼のhealthは他キャラクターに比べると少々低いですが、sanityに関しては別です。彼のsanityは、そのお洒落なスタイルによって、毎分20の速度で増加するのです。

 Maxwellは、新規ワールド開始時に彼独自のアイテムセットを持っています。 彼のデフォルトのsanity増加能力によって、sanityを増加させるアイテムやsanityを補助する服の必要性は、最小限に抑えられます。 このデフォルトのsanity増加能力は、Dark SwordNight Armourと相性がよく、Maxwellは、最小限の消耗でこれらを使用することができます。 ただし、Maxwellの最大healthがわずか75であることを忘れてはいけません。戦闘時は慎重にいく必要があるでしょう。

 新規ワールドの開始時、Maxwellは自らがプレイヤーとして参加しているため、Maxwell (NPC)によって迎えられることはありません。

 目覚めたとき、彼は"Freedom, at last! (自由だ、ついに!)"と叫びます。

 Maxwellは現在、経験値獲得ではアンロックできない2人のキャラクターのうちの1人となっています。もう1人の方はWesです。

特殊能力 編集

Codex Umbra

 Maxwellは、ワールド開始時にDark SwordNight ArmourPurple Gem 1つ、およびNightmare Fuel 4つの他に、「Codex Umbra」というアイテムを持っています。 Codex Umbraは、Maxwellの心を断片化し取り出すことができる、彼専用のbookです。

Shadow Summon.jpg

Maxwell fragmenting his mind

 Codex UmbraWickerbottomBooksと同様に動作しますが、耐久は無限です。
 読むと、Maxwellの影の姿をしたShadow Puppetが1体現れます。
 Codex Umbraを使用する際、healthが15、Nightmare Fuel 2つがコストとしてかかります。

出現中のShadow Puppet1体につき、最大sanityが55減少した状態になります。
Shadow Puppetは複数体同時に存在させることができます。同時に存在させられるPuppetは実質3体です。それ以上存在させることも可能ですが、その場合はMaxwellの最大sanityが35以下になり、狂気状態になってしまいます。

 Shadow Puppetは、そのhealthが無くなって死なない限り、2.5日間生きられます。彼らは戦闘・伐採・採掘の際にMaxwellを支援します。Puppetが死ぬと、Maxwellの最大sanityは55回復します。

 最大sanityを減らすために複数のPuppetを召喚することは、Maxwellを長期間狂気状態でいさせたいときにうまい方法です。なぜなら、通常状態のMaxwellは、そのsanity回復能力のおかげで狂気状態に入るのが難しいからです。

アンロックに関して(ネタバレ注意) 編集

Maxwellのアンロックは経験値によってではなく、プレイヤーがAdventure Modeを完全にクリアした際にのみなされます。
5つの連続チャプターをクリア(ランダムな順序・テーマの5つのAdventure Worldからの脱出)すると、Epilogue Chapterが始まります。
Chapter終盤、プレイヤーキャラクターがNightmare Throneの側にあるNightmare LockDivining Rodを使おうとすると、"Take pity?"と問われ、選択肢(yes・noの二択)が発生します。
yesを選んだ場合、プレイヤーキャラクターがNightmare LockDivining Rodを差し込み、MaxwellをNightmare Throneの戒めから解放します。

一度でもこのイベントを発生させると、PCとしてのMaxwellがアンロックされます。

エピローグや他の章・ワールドの完全な説明・スポイラーについては、Adventure Modeのページを参照してください。

Don't Starve Together(DST) 編集

DSTにてプレイアブルキャラクターとして追加されました。

Don't Starveとの違い

  • 初めからアンロックされています
  • ウィッカーボトムの作成したBooksを使用できます
  • 初期アイテムからナイトアーマーダークソードが削除されました
  • 召喚の方法が変わりました。床にコーデックスアンブラを置くとシャドウクラフトのタブに項目が追加されるのでその中から好きなshadow pappet(シャドウパペット)を召喚できます
  • コーデックスアンブラはパピルス2つと悪夢の燃料2つと50healthポイントでクラフト出来ます
  • 他のキャラクターはコーデックスアンブラを利用出来ません
  • シャドウパペットは全自動で行動を始めるようになりました

シャドウパペットについて

  • 彼らは死亡時に何もドロップしません
  • 召喚できるタイプは4種類から選べます。召喚に必要なコストは種類に応じたツールsanityの最大値悪夢の燃料が2つ必要です。
タイプ 行動 減少最大値 消費ツール 説明
Digger 地面を掘る 25% Shovel マクスウェルの近くにある地面を掘ります。拠点の近くで使う場合は注意が必要。また、植える気がないのに道の植物を掘り捨てるとほかのプレイヤーの迷惑になります!
Logger 木を切る 25% Axe マクスウェルの近くにある木を切ります。2人召喚すればウッディより速く木を切れます(チョップの速さもウッディ並み)。

木を切らせる時は近くに待機しましょう。でないとターゲットを切り替えるせいでウロチョロします

ツリーガードに対する身代わりとしても使えます

Miner 岩を砕く 25% Pickaxe マクスウェルの近くにあるを砕きます。Pixaxeは耐久性が低いため彼に任せた方がフリントを節約できます。
Duelist 戦闘をする 35% Spear マクスウェルに敵対するMobに対して攻撃を行います。行動パターンは味方にしたとほぼ同じですが打たれ弱いです。また他のMobと同様、幻覚とは戦いません

立ち回りについて

  • シャドウパペットを使うことで他のキャラより圧倒的に早く資源を集めることが出来ますが、本人はもとよりシャドウパペットたちの体力も低いため、戦闘は避けるべきです
  • 邪魔なシャドウパペットはctrlキーを押しながらクリックすると倒せます。
  • 余裕があれば幻覚と戦って悪夢の燃料を集めてきましょう。他のプレイヤーに幻覚を見てもらうのもアリです(他人の幻覚でもsanityが回復するのはトドメを刺したキャラなのでその辺も考えて)
  • 自動で回復するのでsanity回復アイテムは譲ろう。
  • Booksの使用にはsanityが必要なためウィッカーボトムより使い勝手が良い
  • ウッディがいるなら木こりは任せて他のことをしよう。彼のやることがなくなる

いたわり

  • 他のプレイヤーは耐久性が数%に下がったツールがあれば彼のために置いといてあげると良い。フリントが不足することはほぼ無いが召喚のためにツールを作るのは勿体ない
  • 体力が低すぎるので戦闘を任さない。デュエリストも頼りない
  • 蘇生時のhealth最大値減少が致命的なのでブースターショットは譲ってあげよう

トリビア 編集

Waxwell silho.png

Maxwell's Silhouette

  • Maxwellの声はハーモニウム(リード・オルガン)です。
  • Maxwellの名前は「マクスウェルの悪魔」という物理科学分野の問題からきていると考えられています。
  • 他のプレイヤブルキャラクター(PC)の名前は全て「W」から始まりますが、Maxwellはイニシャルが「W」ではない唯一のPCです。
    • PCとしてのMaxwellは、ゲームファイル上では「Waxwell」となっています。このことは、彼が、Maxwell(Character)のファイルとMaxwell(NPC)のファイルが競合しないように「Waxwell」と名づけられたということを予感させます。
    • 彼の本当の名前は「W」で始まるのだ、と言うこともできるかもしれません。
  • PCとしてのMaxwellは、彼がPCになるバージョンのリリース前から、ファンに「Waxwell」という愛称で呼ばれていたようです。
  • Kleiによると、Maxwellは第四の壁を破って(プレイヤーである我々に気付いて)おり、さらには、Don't Starveというゲームそのものについても同様である、とのことです。
  • Maxwellのモデルはおそらく、ミハイル・ブルガーコフの小説『巨匠とマルガリータ』に登場するWoland(ヴォランド。作中では謎めいた外国人として扱われていますが、その正体は…)に基づいています。この作品中での名前はWで始まることに注意するといいかもしれません。
  • Don't Starve中のモンスターのうち、その多くがMaxwellの手による創造物である可能性があります。このことは、彼がhoundを見た際、時々"They don't recognize me!(彼らは私を認識しないのだよ!)"と言うことから考えられます。
  • "End of the Beginning"アップデートトレーラーの最後に登場するMaxwellは丸みを帯びたあごをしています。しかし、ゲーム版においては、彼はフラットなあごをしています。
  • Pig Houseを調べるとき、彼は"I'll huff and puff!(ふーっと吹いてぷーっと吹くぞ!)"と言います。これは、童話『三匹の子ぶた』からの引用です。
  • Dark Swordを調べた時に、Maxwellは"Snicker-snack!"と言います。これは、ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』の作中詩、『ジャバウォックの詩』からの引用です。
  • "Underground"アップデートの前にbasalt boulder(当時、洞窟の入り口はBasaltで覆われていました)を調べた際、Maxwellは"I made a rock so heavy that I can't lift it.(私はその岩をとても重く作った。ゆえに、私はそれを持ち上げることはできない)"と言います。これは、哲学的問題である全能のパラドックスからの引用ですが、このことは、Maxwellが、おそらくこのゲームの行われるあらゆる領域に関して、「神」である、というアイディアを強く示唆します。
  • "All's Well That Maxwell"アップデート以降、彼の戦闘時の声は以前と違うものになっています。
キャラクター
Wilson セリフ ⋅ 衣装Willow セリフ ⋅ 衣装Wolfgang セリフ ⋅ 衣装Wendy セリフ ⋅ 衣装WX-78 セリフ ⋅ 衣装Wickerbottom セリフ ⋅ 衣装Woodie セリフ ⋅ 衣装Wes セリフ ⋅ 衣装Maxwell セリフ ⋅ 衣装Wigfrid セリフ ⋅ 衣装Webber セリフ ⋅ 衣装Walani セリフ ⋅ 衣装Warly セリフ ⋅ 衣装Wilbur セリフ ⋅ 衣装Woodlegs セリフ ⋅ 衣装未実装キャラ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki