FANDOM


Icon Book この記事はやや限定的かつ主観的な意見が含まれているかもしれません。
閲覧の際は全てを鵜呑みにせず、適宜内容を汲み取るよう心掛けて下さい。
元記事:Guides/Getting Started Guide


この記事では実際にサバイバルを行うにあたって、大まかな戦略について解説します。

1日目編集

プレイヤーは何もアイテムを持っていません。空腹が当面の問題です。まずアイテムを集めましょう。

昼間に行うこと編集

  1. FlintフリントTwigs小枝 (苗木から採取)を集め、Icon ToolsToolsタブからAxeを作りましょう。
  2. Cut Grass(草の芝から採取)とLog丸太(斧でを切って採取)を集め、夜が近づいたらCampfire焚き火を作りましょう。
  3. 道中で集めたBerriesベリー (Berry Bushベリーブッシュから採取)やCarrot人参は焚き火で調理ができます。夜の間にでも食べる分をまとめて調理してしまいましょう。
  4. 1日目は日が暮れるまでに上記の項目はクリアしましょう。(とくに1と2)以下はさらに念頭に置くべき事柄についての補足です。
  • 補足1:焚き火設置した後は夜の間火を絶やさないように丸太をくべましょう。火が消えると闇夜のモンスター(チャーリー)がプレイヤーに攻撃してきます。ちなみに焚き火を木や岩石のそばに建てれば夜間も伐採や採掘の作業ができます。(食べ物の調理は一通り作業を終えて火も小さくなってきた頃に始めても良いでしょう。)ゲーム序盤はまだ夜の時間が短いので燃料の丸太も1~2本くべるだけで十分です。暗闇の中にいるとものすごい早さで正気度が減っていくのでなるべく火のそばにいるよう心がけましょう。
  • 補足2:最低でも一本は松明を所持しておきましょう。万が一光源が無くなった場合の保険となります。それ以外にも松明は持ち運びできる光源なので夜間の探索及び資源採取に役立ちます。余裕をもって複数本作成しておけば夜間の活動は怖くありません。(ただし、視界は制限されるので沼地やキラービーの巣などに十分注意する事)

その他の戦略:

  1. とりあえず目につくものは一通り拾っておいて損はありません。草や枝、ベリーやニンジンをなるべくたくさん集めておきましょう。花を12個集めれば正気度を少しずつ回復させてくれる花冠を作成できます。(ただし理想としてはゲーム開始から4、5日ほど経過してそれなりに正気度が下がった時に花を摘む→花冠を作るのが良いでしょう)
  2. 夜間は木のそばに焚き火を設置して木を切りながら過ごすのも良いし、松明で木を燃やしながら過ごすのも良いでしょう。(ただし木の密集地帯に着火すると近くに気に燃え移り大火事になる危険があるので注意。木と木の間隔が2本分以上空いていれば燃え移りません)燃えた木を斧で切ると木炭を落とすので今後作成するアイテムのためにまずは炭を6個集めましょう。

絶対にするなよ!編集

  • Spiderクモ と、Spider Denクモの巣に攻撃したり近づかないように。 巣を攻撃すると、周りにクモが出現します。出現数はクモの巣の段階によります。
  • BeeハチBeehiveハチの巣を攻撃しないように。ハチの巣を攻撃すると中からキラービーが出てきて襲ってきます。
  • Tallbirdトールバードに近づいたり攻撃しないように。 あと、をとると怒ってずっと追い回されるので絶対にしないように。
  • Beefaloビーファローを攻撃しないように。彼らのウンチは、Manure肥やしとして使えます!
  • 沼地に近づかないように。それと絶対にTentacle触手(Tentacles)に近づかないように。他にもMerm半魚人Mosquitoなど、沼には危険がいっぱいです!

そして最も大切な事:

  • DON'T STARVE!(飢えるなよ!)

注意:戦闘をする場合はLog Suit木の鎧Football Helmetフットボールヘルメットといった防具、Spearなどの武器、そして回復アイテムや食料を十分に揃えてから挑みましょう。

そして沼バイオームはゲーム序盤においては非常に危険な場所となります。しかしはここにしか生息しないため採取の際は常に防具を装備しておきましょう。地中に隠れている触手に気を付けて!

やること編集

  • Pine Cone松ぼっくりをたくさん集めよう。松ぼっくりで拠点近くに植林すれば伐採のために遠くにいかずに済むうえ、強力なボスのTreeguardツリーガードが発生しても松ぼっくりがあればいくつか植えることで怒りを鎮めることができます。
  • ブタハウス か、ビーファロー の近くに拠点を構えよう。彼らのフンは肥料の元として利用できます。ただし、ブタは満月になると攻撃的なウェアピッグに変身し、ビーファローは発情期になるとお尻が赤くなり近づくと攻撃してきます。(ビーファローハットを装備すれば攻撃されません)近すぎず、かつ遠くない程よい距離を取って拠点を構えた方が安全です。
  • が落とすSeedsを集めましょう。後で農場に植えたり、鳥用の罠に種を仕掛けて鳥を捕まえる事ができます。(鳥を殺せば小さな肉や羽根が得られます)

2~6日目編集

1日目と大体同じですが、以下のことにも気を配りましょう:

  • いよいよ本格的な探索の始まりです。

Monster Meatモンスターの肉はデメリットが大きいのでWebber以外をプレイキャラに選択している人は食べてはいけません。Pigブタに与えればしばらくの間仲間になってくれるのでエサ用にとっておきましょう。また、モンスターの肉をCrock Pot調理鍋の材料にしたり地面に置いてわざと腐らせてRotにし、農場用の肥料にするのも良いでしょう。

を与えて仲間にしたブタはモンスターと一緒に戦ってくれたり、木の伐採を手伝ってくれたりします。ただし満月の夜やモンスターの肉を4つ与えた場合、ブタはWerepigウェアピッグに変身して襲い掛かってくるので気を付けましょう。とはいえ武器防具をしっかり整えれば十分に倒せる相手です。ドロップアイテムも優れているのでわざと変身させるのもアリでしょう。

やること編集

  • Icon ToolsToolsタブからPickaxeつるはしを作ろう。 Gold Vein縞のはいった岩石を掘るとGold Nugget金塊が手に入ります。これを材料にScience Machineサイエンスマシーンを設置し、近くに立つことで作成できるアイテムのレシピを増やすことができます。
  • サイエンスマシーンのそばでIcon RefineRefineタブからロープを作り、Icon FightFightタブから木の鎧と槍を作成しましょう。
  • 探検をしてBeefaloビーファローサバンナバイオーム)を探し、Manure肥やしを集めましょう。(農場の材料と作物の肥料になります)
  • Houndハウンドが現れたらしっかり防具を装備してダメージを受けないようにヒット&アウェイを駆使して戦いましょう。ビーファローの群れになすり付けてしまうのも手です。(群れの周りをぐるぐる回るだけでOKです)
  • Life Giving Amulet命のお守りMeat Effigy身代わり人形タッチストーンといった復活アイテムが無い限りは無理して強敵の相手はせず逃げること。(Tentacle触手Spider Warriorスパイダーウォリアー等)
  • 戦闘の際は槍や防具の耐久度は常に気をつけましょう。
  • を設置したら探索の合間にでもこまめに様子を見に行くようにしましょう。
  • プレイキャラの体力はチョウを殺してチョウの羽を食べたり、クモを殺してクモ腺を使用することで回復できます。
  • 探索を進めて拠点とする場所を決めましょう。資源の豊富な場所、例えば以下のような場所の近くに拠点を構えると良いでしょう:タッチストーン、ブタやビーファローの集落、草やウサギの豊富なサバンナバイオーム、ワームホール、岩石や木の豊富な場所、沼バイオーム、洞窟の入り口、セイウチのキャンプやトールバードの巣(これは少し距離を離した方が良い)など
    • もしビーファローの集落の近くに拠点を構える場合、集落からはある程度距離をとるのが望ましいです。万が一拠点内に発情期で攻撃的になったビーファローが乗り込んで来た場合、しばらくの間そこに帰れなくなります。
    • ブタの王様肉類を金塊と交換してくれるとても便利な存在ですが、ブタの集落の近くに拠点を構える場合はある程度集落から距離をとるのが望ましいです。満月の夜になるとブタはウェアピッグに変身しプレイヤーに襲い掛かってくるため大変危険です。
  • 拠点がまだ決まってないゲーム序盤は探索のために最低限松明と焚き火用の資源は切らさないようにしましょう。そしてこまめに現在地をマップで確認しつつ夜間は松明で移動を継続し、かつモンスターの集落(クモの巣やハウンドの塚など)は極力避けつつマップを埋めるようにしましょう。候補が見つかったらとりあえずマップの目印用に野外炉を設置するのも良いでしょう。

7日目以降編集

拠点に良さそうな場所を決めたら、

野外炉は焚き火と違ってマップに位置が表示される上、火が消えた後も燃料をくべるだけで再び使用でき、同じ燃料でも焚き火より野外炉の方が長く燃え続けてくれるため非常に便利です。さらに焚き火は火を大きくし過ぎると近くの可燃物に燃え移ってしまう危険性がありますが、野外炉であればこのような事故は起こりません。

次に食べ物や資源を確保するため、

  • Icon FoodFoodタブから農場を作成し、あらかじめ集めて置いたを植えましょう。
  • 同じくIcon FoodFoodタブから調理鍋を作成しましょう。
  • Icon ToolsToolsタブからShovelショベルを作成し、Grass Tuft草の茂みSapling苗木Berry Bushベリーの灌木を掘り返してキャンプの近くへ植え替えましょう。(草の茂みとベリーの灌木はRotManure肥やしで復活させる必要があります)
    • 忘れないようにしたいのは、拠点に避雷針を設置することです。これが無いと万が一雷が落ちた時、拠点が大火事になりせっかく植えた植物も全て燃え尽きてしまいます。
  • 虫取り網を作成しハチを最低4匹捕獲した後Beehiveハチの巣を破壊してHoneycomb巣板を手に入れ、Icon FoodFoodタブからBee Box養蜂箱を作成しましょう。虫取り網でチョウを捕まえて地面に植えると花になるので養蜂箱の周囲に植えてやればハチが蜜を集める効率がアップします。

Gold Nugget金塊を得る手段として岩石を掘る他にもPig Kingブタの王様を探して肉類を与える方法もあります。金塊はより便利な道具を作成するのに使用するためなるべく集めておきましょう。既存のブタ小屋Hammerハンマーで解体し材料を回収後、拠点の近くに建て直せばちょっとブタの助けを借りたい時に便利です。(ブタが死んでも小屋が残っていれば3、4日で復活します)

ある程度マップ探索を終え、正気度管理に余裕がでてきたらショベルでを掘り返してみましょう。1つ掘り返すごとに15Sanity減少します。大抵はガラクタが出てきますが、まれに宝石Life Giving Amulet命のお守りギアなどが手に入ります。

ハウンドは生存日数が長くなるほど出現する数が増えていきます。近くになすり付けるモブがおらず、自力でハウンドを処理しなければならない場合はあらかじめ木の鎧と槍を複数個作り置きしておきましょう。ハウンドの牙が集まってきたら牙の罠を作成し、ハウンドに踏ませるようにしましょう。罠は密集して設置した方が連続でダメージを与えやすいです。

16日目の辺りでIcon MagicMagicタブからMeat Effigy身代わり人形を作成しましょう。(設置すると体力の最大値を30減らす代わりに死んだとき復活できます)材料のの入手方法は以下の通りです:

  • Wilsonでプレイしている場合はかみそりで自身の髭を剃りましょう。
  • 他のキャラでプレイしている場合は正気度を40%以下まで減らし、黒く変化したウサギを狩ることで手に入ります。

もし命のお守りが手に入った場合は肌身離さず持ち運び、危険が迫ったらすぐ装備しましょう。(死亡時に自動で発動する身代わり人形と違ってお守りは手に持っているだけでは効果はありません)

ゲームガイド
初心者向け 基本的な操作と仕組み | 初心者向けガイド | 夜間について | 大まかなイメージ
ダウンロードコンテンツ Reign of Giantsについて | Reign of Giants究極ガイド | Shipwreckedでサバイバル
キャンプ ベースキャンプ | カエルの池キャンプ | 自給自足 | 沼地でのキャンプ | 地下でのキャンプ
生産 金塊の量産 | 再生可能な物をうまく利用しよう | Nightmare Fuelの量産 | 洞窟での生産 | スルートルスライムについて
サバイバル
技術的なもの 物理ダメージ軽減のメカニズム | コンソールコマンド | 日本語化の方法
Dedicated Serverの建て方 | Dedicated Serverを自動的に始める(Linux) Don't Starve Together icon
キャラクター Willow | Wolfgang | Wendy | Wickerbottomの本 | Woodieの呪い | Wigfridでアドベンチャーモード攻略のコツ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。