FANDOM


Don't Starve Together(DST)はDon't Starveのマルチプレイバージョンです。本コンテンツはシングルプレイ用のDon't Starveとは別のゲーム扱いですのでDon't Starveのみを所持していてもDon't Starve Togetherはプレイすることができません。DSTはもともと2014年の夏にリリースすると発表されていましたが具体的な日にちは決められていませんでした。後にβテスト応募者のみプレイ可能ないわゆるクローズドベータとしてリリースされました。(MacおよびLinux版はWindows版の後にリリースされた。)

2014年12月15日ではアーリーアクセス購入者全員がプレイ可能となり、さらに2015年6月3日はDon't Starve所持者に無償配布されました。そして2016年4月21日をもってアーリーアクセスを抜け、現在はDSTを単品もしくはDon't Starveとのバンドルセットとして購入できるようになっています。

Don't Starve Togetherのアップデート履歴についてはDon't Starve Together/Version Historyを参照となります。

概要編集

Don't Starve Togetherはネットワークを通じて多数のプレイヤーと遊ぶことができます。ゆえに、いくつかのアイテム・システムは多人数プレイ用に調整または廃止されています。サーバーホストの設定によってゲームモードやPvPの有無、オフライン(この場合は1人でのプレイとなる)で遊ぶか、Dedicatedサーバーで遊ぶかなどの設定することができます。「Friends Only」に設定するとSteamでフレンド登録している人たちだけが参加できるサーバーを立てられます。多くのコンソールコマンドはDST用に調整または廃止されています。

ゲームモード編集

Survival、Wilderness、Endlessの3つの内いずれかを選択することができます。(MODを導入することでより細かい設定も可能です)

Survival Mode:デフォルトでこのモードが設定されています。3つの中で一番難易度が高いモードです。プレイヤーは死ぬゴーストとなり、ゴーストプレイヤーがいる間は他の生きているプレイヤーの正気度が3.3/分の早さで減っていきます。減る早さは10/分で最大となります。蘇生する際はペナルティとして体力の最大値が少なくなります(タッチストーン命のお守り身代わり人形を使用した場合はペナルティ無し)が、少なくなった体力はブースターショットで回復できます。プレイヤー全員が死亡となった時は120秒の制限時間が設けられ、この間に誰も生き返ることができなかった場合ワールドがリセットされてしまいます。

Wilderness Modeマップのランダムな場所から開始します。死ぬとキャラ選択画面に戻され、またランダムな場所に新たなキャラクターとして開始できます。(マップも真っ暗な初期状態にリセットさる)全員が死んでもワールドがリセットされてしまうことはありませんが、死ぬと直ちにキャラ選択へ戻る、すなわちゴーストとならないためタッチストーン含む蘇生アイテムが存在しません。(ただしセットピースの一部としてブタの頭だけ生成される)

Endless Mode:一番難易度が低いモードです。ワールドがリセットされることは無い上、プレイヤーが死んでもFlorid Posternを利用して何度でも生き返ることができます。ただしこれを利用すると体力の最大値が減ってしまうため何度も使うことはおすすめできません。

ゴーストプレイヤー編集

DST everyone's dead

全員死亡した状態に表示されるダイアログボックス

Glommer メイン記事:Ghost Characters
Ghost Players(ゴーストプレイヤー)はプレイヤーが死んでしまった場合に復活の機会が得られる機能です。プレイヤーが死ぬとその場に骸骨が生成され、手持ちのアイテムは全て死んだ場所に落とします。WX-78を使用しギアを使ってアップグレードしていた場合はそのアップグレードした個数分も落とします。

Telltale Heart

Telltale Heart.

ゴーストになったプレイヤーは建造物やアイテムにHaunt(憑依)を行うことができ、これにより対象に火が付いたり怯えたりとさまざまな影響がでます。蘇生するにはタッチストーン、身代わり人形、命のアミュレットに触れるか、Telltale Heartを他のプレイヤーから使用してもらうことです。「Endless Mode」に設定している場合はFlorid Posternに触れることでも蘇生することができます。蘇生すると何も持っていない状態になり、満腹度と正気度はベースのゲームと同じ値になります。Telltale Heart、Florid Posternを使用した際は体力の最大値が25%減少するペナルティが科せられ体力値のメーターではその部分が黒く覆われます。これは復活するたびさらに25%ずつ減っていきますが75%失われた時点でそれ以上復活しても最大値は減らなくなります。Booster Shotを使用することで体力の最大値を1回につき25%回復させることができます。「Survival Mode」でプレイしている場合はゴーストプレイヤーが存在していると生存しているプレイヤーの正気度はゴースト1人につき3.3/分の速度で低下し、ゴーストの人数が増えるごとに速度も重複していきます。ただしこれは最大10/分(およそ3人分)で頭打ちとなります。

追加要素編集

多人数プレイ用に調整するためさまざまな要素が追加されました:

A New Reign編集

Glommer メイン記事:A New Reign

DST A New Reign Release Poster

A New Reignリリース時のポスター

A New Reign(ANR)はもともと「Through the Ages」として知られていたDon't Starve Together(DST)における無料大型アップデートの名称です。公式の発表では2015年の春の終わりごろにビーファローの家畜化などの大型アップデートがなされる予定でしたが、開発者サイドにて洞窟Reign of Giants(RoG)のコンテンツでDST用に調整すべき問題が残っていたため予定は先送りとなってしまいました。[1]後にDSTがアーリーアクセスを抜け名称をA New Reignに改めたのち2016年8月11日から本格的なアップデートが始まりました。[2]それ以前にも2015年12月23日にシングル版DLCにあったいくつかの要素をDSTにも適応するといったアップデートもなされていました。

調整/変更されたコンテンツ編集

Don't Starve Togetherで洞窟遺跡に入るためにはサーバーを立てる時にあらかじめ地下マップを有効にする必要があり、その際は地下には地上のワールドと別途にサーバーが用意されます。無印/RoGと異なりDSTでは洞窟と遺跡は1つのマップ上で地続きに存在しています。基本的なコンテンツはRoGとANRの要素で構成されており、Shipwreckedの要素は含まれていません。(しかしMODを使用して一部の要素を取り入れることは可能です)

サーマルストーン耐久値が設定されました。急激な加熱/冷却により負荷がかかると壊れやすくなる、ということを表現していると考えられます。

全ての防具は本来の耐久値より30%少なくなりました。またDon't Starveでは複数の同じ防具を所持していた場合、装備中の防具の耐久値を越えるダメージを受けた場合は所持しているもう一つの防具にもダメージが分割されていましたがDon't Starve Togetherではそのような効果はなくなりました。

PvP設定を有効にしている場合、パンフルートを吹くと近くにいるプレイヤーがしばらく行動不能になります。

WX-78の初期ステータスは全て150に変更されました。ただし1回のアップグレードで上昇するステータス量は少なくなりました。(15回のアップグレードで体力400、正気度300、満腹度200まで上げることができるのは従来と同じです。)

Willow(ウィロー)はその特殊能力を悪用して物を燃やしたりプレイヤーに攻撃を加える者がいたため、長所と短所にそれぞれ大きな変更が加えられました。彼女のに対してのダメージ無効の能力は、ダメージ50%耐性に変更され、彼女のライターも耐久値無限から1.25日分の耐久値に設定されました。(その代わり何個でも作成可能なアイテムとなりました。)さらに正気度減少によって炎を作り出す短所が無くなり、炎に近づくことによる正気度回復量が10%上昇しました。しかしこの変更はコミュニティ間で否定的な意見が見られたため、2015年6月3日で更なる変更が加えられました。正気度減少により狂気状態に陥ると体温が下がり凍えるようになり、炎のダメージは最初の3秒間だけは無効に、ライターは作成コストが低くなり、また耐久値を1%減らすことで調理ができるようになりました。さらに新しい専用アイテムとして彼女のイメージ画像にも描かれているテディベア、Bernieが追加されました。

Woodie(ウッディ)は丸太メーターが常に表示され、あとどの程度木を切ったらビーバーに変身するかがわかりやすくなりました。メーターが25%をきるとビーバーに変身します。DSTで彼はを食べることで丸太メーターを回復させることができます。ビーバー状態はPvPや他プレイヤーの嫌がらせに利用されることがあるため、大幅な弱体化が行われました。まず体力と正気度はウッディのステータスと共有され、満腹度が丸太メーターに置き換わります。メーターが0になると満腹度が0になった時と同じように体力が徐々に減っていきます。さらに変身中は3/秒というものすごい早さで正気度が減っていくのでビーバー状態でい続けるのはリスクがかなり高いです。人間に戻るには丸太メーターを100にする必要がありますが、Pine ConeGrass TuftSaplingは食べません。Don't Starveと同じく満月になることでも変身しますが満月の間は丸太メーターの減りが早いので元に戻るには迅速な回復が必要となります。ビーバーのまま死ぬとゴーストの見た目もビーバーになります。加えてマップが開けないというデメリットも継続しているので蘇生するのが人間状態より困難になります。他の変更点として木を植えると正気度が回復する、他のプレイヤーに斧のルーシーが拾えない/使用できないといったものが挙げられます。

Maxwell(マクスウェル)はゲーム開始時の所持アイテムがCodex UmbraNightmare Fuel6つのみになりました。さらに正気度回復の早さも20/分から6.67/分に弱体化されました。また、彼専用のクラフトタブとしてShadowタブが追加され、ここからCodex Umbraとシャドウパペット(全4種類)が作成できるようになります。シャドウパペットはNightmare Fuelが2つとそれぞれに対応したアイテム、そしてマクスウェルの正気度の最大値を20%(Duelistは35%)減らすことで召喚出来ます。

以下はDSからDSTへと体力の調整が行われたモブの一覧になります:

DSTにおける体力の調整
モブ DSでの体力 DSTでの体力
Werepig 350 700
Pig Guard 300 600
Merm 250 500
MacTusk 150 300
Clockwork Knight 300 900
Clockwork Bishop 300 900
Clockwork Rook 300 900
Beefalo 500 1000
Koalefant 500 1000
Spider Warrior 200 400
Treeguard (small) 1400 2100
Treeguard (medium) 2000 3000
Treeguard (large) 2500 3750
Moose/Goose 3000 6000
Dragonfly 2750 27500
Bearger 3000 6000
Deerclops 2000 4000
Tallbird 400 800
Teenbird 300 600
Krampus 200 300
Spider Queen 1250 2500
Ancient Guardian 2500 10000
Slurtle 600 1200
Volt Goat 350 700
Buzzard 125 250
Cave Spider 150 225
Spitter 175 350
Big Tentacle 500 750
Rock Lobster 1500 3000
Mosling 350 525

睡眠編集

睡眠に変更が加えられました。通常は寝ることで空腹値を消費し体力値と正気度を回復させ朝までスキップすることができました。しかしながらサーバー上では寝ることで朝までスキップすることはできず、寝た時点で行動不能になり暗闇の影響も受けず通常よりも早い速度で空腹値を消費し体力値と正気度を回復する機能に変更されました。寝ている間は暗闇にいてもチャーリーに襲われることはありません。回復する速度は使用するアイテムにより異なります。朝になったり満腹度が0になれば自動的に目覚めますが、移動キーを押すことで睡眠を中断させることもできます。マンドレイクを調理したり他のプレイヤーがパンフルートを使用したりして気絶した場合は少し時間を置いた後に目覚めます。

探索編集

マップは真っ暗な状態から始まり、探索されていない場所の様子を見ることは出来ません。また他のプレイヤーとの探索の様子は共有されませんが、Map Scrollを使用することで地図を作製した人のその時点での探索情報を自分のマップに追加することができます。

チャット編集

他のプレイヤーとの交流手段として「グローバルチャット」と「ウィスパーチャット」の2つのチャットモードがあります。グローバルチャットはYキーを押すことで利用でき、こちらで発言したメッセージは全てのプレイヤーに表示されます。(地上、地下どちらにいる場合も)対してウィスパーチャットはUキーを押すことで利用でき、近くにいる人にしかメッセージが表示されません。また、グローバルとの区別としてメッセージの前に[W]と付きます。

感情モーション編集

チャット欄を表示して/sad、/cry、/annoyed、/bye、/angry、/happy、/kiss、/bonesaw、/dance、/wave、/facepalm、/joy、/pose、/rude、/sit、/squatのいずれかを打ち込むことでプレイキャラが下記のようなアニメーションを行います。

特定のスキンをもらうことで/yawn、/sleepyまたは/eyerubといった特殊モーションが追加されます。

加えて、Loyalクラスのモーションとして/swoonがあります。

評判の変化編集

別のプレイヤーが他のプレイヤーに対して攻撃を行っていたり、蘇生させていたりすると、その状況に応じて相手のキャラを調べた時の台詞が変化します。例えば、ウィローがウィルソンを調べた時、通常であれば「Hi [ユーザー名]!」と言いますがウィルソンが別のプレイヤーに対して攻撃を加えていた場合「Why, [ユーザー名]... that fire in your eyes!(どうしたの、[ユーザー名]…、瞳がメラメラ燃えてるわ!)」というセリフに変わります。また、誰かを蘇生していた場合は「Who do ghosts call? [ユーザー名]!(オバケは誰を呼んでいる?[ユーザー名]よ!)」と言います。

スキン編集

Glommer メイン記事:Skins

Wilson Guest of Honor Skin Portrait

Don't Starve Togetherの新要素としてプレイキャラの見た目を変更するスキンがあります。スキンではプレイキャラの服、ズボン、靴、手袋、顔の外見などを自由にカスタマイズできます。着せ替えはワールドに入る際のキャラ選択画面、もしくはWardrobeを使用することで行えます。スキンは純粋に見た目を変えるためだけのものであって、感情モーション機能を除いてゲームとして特殊な効果を発揮するわけではありません。服装には男女専用の物は無いためどのキャラにも全ての服を着せることができます。使わないスキンがある程度溜まった場合はTrade Innにて新たなスキンと交換することができます。(必ずしも未所持のアイテムが出てくるわけではありません)

スキンはゲームのプレイ時間により週に最大4つランダムにドロップします。ドロップした数は毎週PST(米国太平洋標準時)で木曜日の午後1時、すなわちJST(日本標準時)で金曜日の午前6時にリセットされます。(TwitchにてKleiの公式配信「[Rhymes with Play」が始まる少し前くらいになります。)

スキンにはそれぞれ異なるレア度が設定されており、中でもキャラ専用の物は特にレア度が高くごく稀にしかドロップしません。スキンには衣服以外にもバックパックチェストなどの建造物の見た目を変えるものもあります。また特別な条件下でないと貰えないスキンもあります。

MOD編集

Glommer メイン記事:Mods

Don't Starve TogetherでもMODを適用することができますが、Don't Starveのコードとは仕様が異なる要素が多いためDST仕様に合わせてコードを書き換える必要があります。DSTではMODには3つの種類があります。

  • client-only:どのサーバーに入っても自分のみに適用されるMODを指します。主にインターフェイス関連の物が多いです。
  • server-only:この種類はサーバー側が適用することで他の参加者はそのMODをダウンロードしなくてもMODの効果を受けることができます。例としてはワールド上のオブジェクトの見た目を変えたり、モブのステータスを調整するといった小さい範囲での変更を行う物がこの種類に当てはまります。。
  • all-clients:この種類はサーバー参加者全員にMODを適用する必要があります。まだダウンロードしていない参加者はサーバーに入ることでSteamのワークショップより自動でダウンロードされます。この種類のMODはほぼどんな変更でも可能となります。

Cyclum Puzzles 編集

Glommer メイン記事:Cyclum Puzzles
公式から新たな漫画が公開されました。内容はパズル形式の物となっており、続きを読み進めるためには提示された謎を解く必要があります。物語の時系列としてはDon't Starveにてウィルソンアドベンチャーモードをクリアし、マクスウェルを解放した後の内容になります。ウィルソンはマクスウェルに代わって玉座に捕らえられてしまいましたが、チャーリーが彼を救った後荒野へと放してあげます。そして今度はチャーリーが玉座に君臨し、Don't Starve Togetherの世界の新たな敵対者となる…というのが大まかな流れになります。

Placeholder トリビア編集

  • ウィルソンがポータルを作成するシーン(ギャラリー参照)はかつてマクスウェルのドアを作成した手順と似ています。実際、どちらも他の人々をDon't Starveの世界に連れてくる役割を持っています。また、最後のコマではポータルからウェンディウェスウルフガングのシルエットが浮かび上がっているのがわかります。
    • Cyclum puzzlesではマクスウェルもポータル作成の手伝いをしていたことがわかります。2人はJury-Rigged Portalを作り上げましたが稼働直後にチャーリーに破壊され、Florid Posternに作り変えられてしまいました。
  • 死→蘇生時のアニメーションは各キャラごとにバリエーションがあります。
  • Winonaは初めてのDon't Starve Together限定キャラとなります。
  • 感情モーションの1つ「/bonesaw」(または「/ready」)は映画「スパイダーマン」にて、ピーターのプロレスの試合相手であるボーンソーが観客に叫んだセリフ「Bonesaw is ready!(ボーンソーを見たいかー!)」が元ネタとなっています。
  • ゲームでは使われない感情モーションのネタとして「Dab」があります。Kleiのツイートにてアニメーションファイルが使用されましたが、ゲーム中でもコンソールで以下のコマンドを打ち込むことでアニメーションを見ることができます。
ThePlayer.AnimState:PlayAnimation("emote_dab_pre")

※"emote_dab_pre"の部分は"emote_dab_loop"もしくは"emote_dab_pst"でも可

Blueprint ギャラリー編集

脚注編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。