FANDOM


Don't Starveは2013年4月にローグライク形式の「ダークファンタジーサバイバルゲーム」としてKlei Entertainmentで開発されました。現在はSteamまたはアプリで購入することでWindowsMac OS XLinuxでプレイすることができます。

他にも、PlayStation 4より(北米版ではPlayStation Vita[1]Wii U[2])「Don’t Starve: Console Edition」(2014年2月22日発売)、iOSまたはAndroidより「Don't Starve - Pocket Edition」(iOS版:2015年7月、Android版:2016年10月14日)が発売されました。これにはPC版のダウンロードコンテンツであるReign of Giantsの内容も含まれています。

概要編集

Don't Starveではプレイヤーはだだっ広く閑散とした世界で、サバイバル生活を行いながらできる限り長く生き延びる事を強いられます。サンドボックスモードではプレイヤーが死ぬか、Thingsと呼ばれるものを集めて所定の場所で使用し、新しい世界を作りなおす事が一応のゲームの終わりとなります。(ゲームが終わるとその時に滞在していた世界のデータは消えます)

プレイヤーが死ぬことで生き延びた日数に応じて経験値が与えられ、ある程度経験値が貯まることで使用できるキャラクターがアンロックされます。ちなみに死んでも復活できる方法はいくつかあるためそれを利用すればより長く生き延びられます。

Glommer.png こちらも参照:Characters, Crafting, または Mob

あらすじ編集

あらすじではWilsonが中心となって展開していきます。

紳士的な科学者であるWilsonは謎の男Maxwellに騙されて転送装置を作成し、それによってモンスターと様々な困難でいっぱいの不思議な世界に飛ばされてしまう。[3]アドベンチャーモードではプレイヤーはWilsonを操作し、それぞれ違うテーマで作られたいくつかの世界を進まなくてはならない。)


Wilsonは次第に何故Maxwellが自分をこの世界に連れてきたのか、また彼の恐ろしい秘密の力について理解していく。道中で別の人物を助けながらついにWilsonはMaxwell彼自身と対峙するのだった。

アップデート編集

Glommer.png メイン記事:Version_History
開発者のKlei Entertainmentはゲームリリースから最低6か月はアップデートを行います。大型アップデートの内容の多くは新要素の追加(Cavesなど)に焦点が当たり、それらはバグ修正や新しい要素の調整と並行して行われます。[4]

ダウンロードコンテンツ 編集

Glommer.png メイン記事:DLC

Reign of Giants編集

Don't Starve: Reign of GiantsはDon't Starveにおける最初のダウンロードコンテンツです。

Shipwrecked 編集

Don't Starve: Shipwrecked はDon't Starveにおける2番目のダウンロードコンテンツです。

その他のDon't Starveのバージョン 編集

Don't Starve Together編集

Don't Starve TogetherはDon't Starveの世界をマルチプレイに対応させたものです。ダウンロードコンテンツではなく、SteamではDon't Starveとは別物の独立したゲームとして扱われています。

Giants Edition編集

Don't Starve: Giants EditionReign of Giantsの要素を含めたゲームとしてSteam以外の別の機種によって発売されています。

Pocket Edition編集

Don't Starve Pocket EditionはiOS 8(iPhone 5 以降、iPad 3またはiPad mini 2に対応)またはAndroid 5.1以降に対応したゲームであり、Reign of Giantsの要素が含まれています。

評価編集

レビューサイト 得点 コメント
GameRankings 78.69%
Metacritic 79/100点
The Armchair Empire Infinite 8.5/10点 "Players looking for a game that will consume them for the next while should consider Don't Starve. The whole process of gathering supplies, and making a go of surviving in the wild while fending off starvation, madness, and predators is quite entertaining."[5]
Hardcore Gamer 2.5/5 "Unless there’s a major update in the near future, you’d be better off waiting until it inevitably becomes part of an indie bundle so that you can briefly jump in and enjoy its first few hours. Until then, your money and time should be spent elsewhere."[6]

候補・受賞歴:編集

  • 2014年Independent Games Festival (IGF)[7]:
    • 最優秀作品賞 ノミネート
    • 優秀デザイン賞 ノミネート
    • 観客賞 ノミネート
  • Capsule Computers: 編集者チョイス 受賞

Placeholder.png トリビア編集

  • PlayStation4版のDon't Starveのオープニングムービーで、Wilsonが自らの手をナイフで切って血をビーカーに入れるシーンでは血の色が青に変更されています。

Blueprint.png ギャラリー編集

脚注編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki