FANDOM


Icon Book この記事はやや限定的かつ主観的な意見が含まれているかもしれません。
閲覧の際は全てを鵜呑みにせず、適宜内容を汲み取るよう心掛けて下さい。
Blueprint 裏技に近いテクニックが含まれています。そういったものが苦手な人は注意してください。

壁を使ったMobトラップについて

一部のMobは壁を攻撃しないにもかかわらず、壁向こうに餌となるアイテムがある場合そちらに誘引される性質があります。このとき、アイテムが完全に壁に囲まれている場合、Mobは直線で餌の方向に向かい、壁に引っかかります。以下にその性質を利用したトラップの利用法を示します。

Berry Bush畑をGobblerから守り、また肉を入手するために有効なトラップです。Berry Bushを植えた場所の近くにPowdercakeを置き、壁で囲ってしまいましょう。すると出現したGobblerは他のBerry Bushには目もくれずに壁向こうのPowdercakeに引き寄せられます。このときプレイヤーが攻撃しても彼らは逃げようとしないので、かんたんに彼らの肉を入手することが出来るでしょう。Gobblerは夕方が来るとBerry Bushに隠れてしまうため、このトラップを最大限活用するのであれば日中にBerryを採取するのがおすすめです。

ちなみにRabbitも同じく壁向こうのパウダーケーキに釣られるのですが、プレイヤーが近づくと逃げます。壁の周囲にトラップを置いておいてもいいのですが、巣穴の上に置いておけば済むためわざわざ壁まで置いてやる必要があるかは微妙なところ。


モールワームトラップ

モグラも壁を越えて移動することは出来ない

小肉と鉱物、どちらを得るためにも使うことが出来ます。壁の中に適当なFlintRocksをばらまいた後、それを完全に閉じたらMolewormを捕まえてきましょう。このとき彼らの巣穴を掘り返しておく事が大切です(巣穴が残っている場合、彼らは巣穴にもどっていってしまうでしょう)。Molewormは穴を掘っている時でさえ壁を越える事が出来ないため、壁の近くで離してやれば適当な位置に巣穴を掘った後、壁の向こうの鉱物に釣られて壁に引っかかり続けるでしょう。肉を取る場合、彼らの巣穴を残して時折顔を出したMolewormを攻撃しましょう。巣穴が残っていればまた新しいMolewormが出現します。鉱物を得る場合は壁に引っかかったMolewormには手を出さず、夕暮れから夜にかけて彼らの巣穴を掘り返しましょう。夕方と夜の間、彼らは巣穴が掘り返された場合は即座に新しい巣穴を作るため、無限に鉱物を掘り返すことが出来るでしょう。日中に巣穴を掘り返された場合、彼らは即座にその場で眠ってしまうため新しい巣穴を作らせるには夕方を待つ必要があります。

なお、キャンプからSinkholeが近い場合は、一度モグラを洞窟内に放すのがおすすめです。放されたモグラはすぐに洞窟内に巣穴を作ります。あとは地下に作られた巣穴はそのままに、そこから出現するモグラをつかまえて壁の周りに放り出すだけです。さすがにモグラも地上から洞窟内に帰るわけにはいかないようで、地上に放り出されたモグラは地上に巣穴を掘り、洞窟内の巣穴からはまた新たなモグラが出現します。なにかの原因でモグラが減ったら洞窟内から新しいモグラを捕まえてこればいいわけです。


バニーマントラップ2

バティリスクとけんかするバニーマン

活用できるのは洞窟探検後になりますが有効な使い方があります。まず一つ目はBunnymanそのものをトラップとして使う方法です。あなたがSinkholeの近くにキャンプを作っているのなら、Sinkholeとキャンプを直線で結んだその間にRabbit Hutchを建て、壁で囲んでしまいましょう(さもなければBunnymanがキャンプまで徘徊してきて、お肉をもっているプレイヤーを襲うかも知れませんから)。夕方になりBunnymanBatiliskが出現すると、彼らはお互いにけんかを始めます。たいていはBunnymanが一方的に勝利するでしょう。プレイヤーは朝になって彼らが家に帰ってから、ゆっくりとBatiliskのドロップを拾いましょう。

もう一つはBunnymanを倒すためのトラップとしての使い方です。Gobblerトラップと同じく壁に完全に囲まれた空間にPowdercakeを置いておけば、同じように彼らも釣られて壁に引っかかります。このときBunnymanは朝が来ても家に帰ろうとしないので、明るい中で落ち着いて戦うことができます。壁の周囲にTooth Trapを撒いておけば戦うことなく彼らを倒すことも可能です。Bunnymanは必ずニンジンを落とす上、ブタと違ってわずか1日でリスポーンするため、優秀な食料源となるでしょう。

バニーマントラップ

Houndius Shootiusを使ったバニーマントラップ。プレイヤーはパウダーケーキのむこうに肉をもって立っているだけでいい。

作成に非常に手間がかかりますが、Houndius Shootiusを使う手もあります。Bunnymanは体力が減ると逃走するため、この方法を使うときは退路を断つためにRabbit Hutchの周囲に壁を作りましょう。彼らは壁の向こうの食べ物に釣られている時でも、肉類を持ったプレイヤーが視界に入るとプレイヤーに対し攻撃的になります。後はそれを察知したHoundius ShootiusBunnymanを倒してくれます。壁にあまり近いとプレイヤーもHoundius Shootiusも攻撃されてしまうので、壁3枚ぶんは距離を開けておきましょう。
出入り口

Wood Wallを利用した出入り口。LogではなくTwigsで修理可能。

Bunnymanを倒すトラップの場合は、ドロップを拾うためにプレイヤーが壁の中にはいる必要があります。Don't Starve TogetherならWood Gateを使うのがおすすめです。Bunnymanがゲートを開けることはないので安心しましょう。あるいはWood Wallを出入り口として使う方法もあります。Wood Wallを設置後Ctrlキーを押しながらクリックして攻撃し、一度完全に壊します。あとはそれを小枝一本で修理すれば出入り口の完成です。この壁は歩行杖で一度叩くだけで壊せるので中に入るのも簡単で、ドロップを拾った後は再度小枝一本で修理するだけでまたBunnymanの通行を許さない壁となります。
ゲームガイド
初心者向け 基本的な操作と仕組み | 初心者向けガイド | 夜間について | 大まかなイメージ
ダウンロードコンテンツ Reign of Giantsについて | Reign of Giants究極ガイド | Shipwreckedでサバイバル
キャンプ ベースキャンプ | カエルの池キャンプ | 自給自足 | 沼地でのキャンプ | 地下でのキャンプ
生産 金塊の量産 | 再生可能な物をうまく利用しよう | Nightmare Fuelの量産 | 洞窟での生産 | スルートルスライムについて
サバイバル
技術的なもの 物理ダメージ軽減のメカニズム | コンソールコマンド | 日本語化の方法
Dedicated Serverの建て方 | Dedicated Serverを自動的に始める(Linux) Don't Starve Together icon
キャラクター Willow | Wolfgang | Wendy | Wickerbottomの本 | Woodieの呪い | Wigfridでアドベンチャーモード攻略のコツ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki