FANDOM

  • Chinderfly

    Klausのページに書いて良いものか微妙なのでこっちに

    Winter Feast中広葉樹林かモザイクバイオームのどちらかにLoot Stash(鍵付きサンタ袋)が出現。周辺に秋から冬にかけてNo-Eyed Deerの群れが出現。

    No-Eyed Deerは冬になるとツノが生える。この状態のNo-Eyed Deerを殴ると群れで逃げ始める。逃げてる最中に木などのオブジェクトにぶつかるとツノを落とす(殺すと肉と骨しか落とさないので殺してはいけない)

    ツノを袋に使うことでKlausがスポーンする。袋は20日前後でリスポンするので、ツノを複数とっておけば冬以外でも戦える。


    戦闘について


    Klausは第一形態と第二形態がある。ただし第一形態と第二形態の違いは通常攻撃が左右ひっかきだけか、左右ひっかきからかみつきのコンボがあるかだけ。 ただし通常でも攻撃力が75あるので、第一形態のコンボが150、第二形態のコンボが225のダメージを与えてくると考えると十分驚異。 Klausが片手をあげるとGem Deerからの魔法攻撃が来る。プレイヤーの立っている位置に魔法の模様が出現し、赤Deerからの攻撃なら即座にオーバーヒート状態になり、模様の上にとどまった場合はプレイヤーが発火。青Deerからの攻撃なら即座に凍え状態となりダメージが入り、同時に鈍足もかかる。模様の上にとどまった場合はそのまま凍る。 凍結も発火も、模様からすぐ離れれば防げるが、とくに発火までの猶予はさほどないため、Klausが片手をあげたらすぐにその場を離脱するほうがいい。 また、Gem Deerの攻撃がいくら面倒でもGem Deerを倒すとKlausがパワーアップしてしまう。体力、攻撃力の上昇だけでな、ダメージ軽減までついているので ……


    全文を読む >
  • Chinderfly


    壁を使ったMobトラップについて

    一部のMobは壁を攻撃しないにもかかわらず、壁向こうに餌となるアイテムがある場合そちらに誘引される性質があります。このとき、アイテムが完全に壁に囲まれている場合、Mobは直線で餌の方向に向かい、壁に引っかかります。以下にその性質を利用したトラップの利用法を示します。

    • Gobblerに対するトラップ

    Berry Bush畑をGobblerから守り、また肉を入手するために有効なトラップです。Berry Bushを植えた場所の近くにPowdercakeを置き、壁で囲ってしまいましょう。すると出現したGobblerは他のBerry Bushには目もくれずに壁向こうのPowdercakeに引き寄せられます。このときプレイヤーが攻撃しても彼らは逃げようとしないので、かんたんに彼らの肉を入手することが出来るでしょう。Gobblerは夕方が来るとBerry Bushに隠れてしまうため、このトラップを最大限活用するのであれば日中にBerryを採取するのがおすすめです。

    ちなみにRabbitも同じく壁向こうのパウダーケーキに釣られるのですが、プレイヤーが近づくと逃げます。壁の周囲にトラップを置いておいてもいいのですが、巣穴の上に置いておけば済むためわざわざ壁まで置いてやる必要があるかは微妙なところ。


    • Molewormに対するトラップ

    小肉と鉱物、どちらを得るためにも使うことが出来ます。壁の中に適当なFlintやRocksをばらまいた後、それを完全に閉じたらMolewormを捕まえてきましょう。このとき彼らの巣穴を掘り返しておく事が大切です(巣穴が残っている場合、彼らは巣穴にもどっていってしまうでしょう)。Molewormは穴を掘っている時でさえ壁を越える事が出来ないた ……



    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。